>

手すりや玄関を変えて便利で住みやすい家に

手すりがあればとても楽です

手すりを付ける際に重要なのは、利用者の身長や、聞き手がどちらの手なのかなどです。
手すりは、廊下や階段だけではなく、トイレやお風呂にもつけておけば、便利で楽に利用できます。
そのためには、利用者に合った手すりを付けるべきなのです。
高さが1センチ変わるだけで、使いやすさはかなり違ってきます。

介護をする上で一番大事なのは、ストレスを減らすことです。
自分の自宅なので、居心地をよくするためにも、些細な事から変えていく事で、精神的にも身体的にも大きく違ってくるのです。

広さを変えることができない場合はどのようにすれば良いのか、家の構造によってできるリフォームが違いますので、できる範囲で、満足いく介護リフォームを心掛けたいですね。

玄関のリフォーム

玄関を利用する際に何があれば便利なのか、利用者の状態によって、必要なものは、違ってきます。
車いすの場合は、一番の問題は段差です。
誰か一人いれば、段差があっても車いすをきちんと使いこなせる人ならば、問題はありません。
しかし、せっかく住宅改修費があるのですから、段差をなくした方が介護をする側の負担はなくなります。
利用者の気持ちだけではなく、介護をする家族の意見も取り入れる事が大事なのです。

車いすではないけれど、手足が不自由な人が玄関で一番困るのは、靴を履くときです。
靴を履く際の体制は、とても足や腰に負担をかけ、片足でバランスをとる必要があります。
そんな時に腰掛を作っておくと、楽に靴を履いたり脱いだりできます。

玄関の床も素材を変えれば、靴が濡れていても滑りにくくする事ができます。
玄関一つでも、少しのリフォームで安全で楽に利用できるのです。


この記事をシェアする