>

お風呂、トイレの問題を解決

危険が多いお風呂がをリフォーム

転倒事故が最も多い場所、それは圧倒的にお風呂です。
床が濡れて滑りやすくなっていた時に年齢が若いと、転倒を回避できても、高齢者にはなかなか難しいのです。
そんな時に、滑りにくい床にリフォームすると、転倒する可能性が減るので、安心できます。

浴室と脱衣所の段差をなくすこと、浴室のドアの幅を広げる事で、車いすでお風呂のギリギリまで行けるので、介護する側もされる側も、負担はかなり減ると思います。
そして少しお金はかかりますが、脱衣所と浴室の温度差が大きいと、血圧の急激な変化を起こし、脳梗塞の原因になってしまう事があるので、暖房器具を設置するのも良いでしょう。

少し治すだけで、介護しやすく、ストレスなく入浴ができるので、気兼ねなく入浴できると思います。

介護が大変なトイレをリフォーム

一日に何度も行く事が多い場所、トイレです。
家を建てる際にトイレの広さは大体一畳ほどで、介護をするときのことを、あまり考えないですよね。
多少お金はかかってしまいますが、トイレは広いほうが介護の時に圧倒的に楽です。
車いすがそのままトイレに入ることができると、とても楽なのです。

もし、広さを変えられない場合でも、まだまだ介護を楽にする工夫があります。
まずは、ドアですが、つり上げ式のスライドドアのほうが良いと思います。
ドアの幅が広く、ドアが上でつられている状態なので、床は全く段差も溝もありません。

住宅改修費で出来るものは、和式を洋式にしたり、手すりを設置したり、暖房器具を設置するくらいですが、活躍してくれること間違いなしです。


この記事をシェアする